ドラムブログ

コロナ禍におけるレンタルスタジオドラムセットの使用・除菌方法①

2021.04.16

ドラムブログ

_DSC3862 のコピー

コロナウイルスにおける社会への影響は、未だに続いています。

そんななか「レンタルスタジオを使うのが不安……」と感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、コロナウイルスをはじめとする、レンタルスタジオでの感染症予防対策として、ドラムの除菌方法紹介します。

 

実際、レンタルスタジオは多くの人が使う場所です。

そのなかでも、ドラムセットはとくに要注意。

ギターやベースなどの弦楽器の場合、触るのはアンプ位ではないでしょうか。

しかし、ドラムの場合、多くの人が同じドラムを触るわけですから、感染症対策をしっかり行わなければいけません。

 

まずはドラムのイスです。

ドラムのイスは、高さを調節したり位置を移動したりするため、全体的にアルコール除菌しておきましょう。

座る部分だけではなく、裏面や側面までしっかり拭いてください。

もちろん、調節用のネジも大事です!

ネジから足まで、基本的には全部拭いて除菌してください。

 

次にスネアです。

スネアは自身のものを持っている場合は良いですが、レンタルスタジオのものは除菌しておきましょう。

ただし、基本的にスネアは木でできているため、アルコールのような液体を直接吹きかけるのはNGです。

音が変わってしまう可能性があります。

また、ヘッド部分は皮でできているので、ヘッドもあまり拭かない方が良いでしょう。

スネアを除菌する場合は、布にアルコールなどを吹きかけて、軽く拭いてあげましょう。

スネアのよく持つ部分を考えながら拭いてあげると良いですね。

とくに多くの人が触るのはスナッピー部分ではないでしょうか。

スナッピー付近はよく拭いてくださいね!

で……終わりではありません。

スネアスタンドもしっかり除菌してください。

スネアスタンドは金属なので、アルコールを吹きかけて拭いちゃって大丈夫です!

よく触るネジ部分は入念に拭いてあげましょう。

 

次にハイハットです。

ハイハットも、基本的にはアルコールを吹きかけないようにしてください。

拭く部分は、ハイハットスタンド部分です。

他のスタンド同様、よく触るネジ部分を重点にして、全体を拭いてあげてください。

 

次にバスドラムを叩く、キックペダルです。

キックペダルも、スネア同様自身で持っている方は多いですが、レンタルスタジオのものを使う場合は除菌しておきましょう。

 

・バネを調節するネジ
・バスドラムのリムに挟むネジ

2カ所を重点的に拭いておきましょう。

実際に踏む部分は、そこまで重点的に行わなくても良いですが、軽く拭いておいてあげると良いですね。

 

今回は4つの除菌方法でした。

・イス
・スネア
・ハイハット
・ペダル

レンタルスタジオを利用する際の参考にしてください。

 

レンタルスタジオのドラムを安心して利用しよう

 _DSC3683

レンタルスタジオのドラムは多くの人が触ります。

そのため、しっかりと除菌しておかなければいけません。

今回のブログを参考に、レンタルスタジオを利用する際は、除菌をしっかりしておいてくださいね!

「除菌する時間がもったいない……」と思う方は、手袋をつけるようにしておくと良いですね。

 

アッシュドラムスタジオでは、ドラムの除菌を徹底的に行っています。

こんな時期なので、「ドラム教室に通うのが不安……」という方もいるかもしれませんが、安心してください。

また、アッシュドラムスタジオでは、無料レッスンを行っています。

講師プロフィールはコチラ

 

少しでもアッシュドラムスタジオに興味がありましたら、まずは無料レッスンにお越しください。

初心者の方から経験者の方まで、あなたに合わせたマンツーマンレッスンを行います。

ドラム無料体験レッスンのお申込・お問い合わせ

designed by 株式会社ミィ[5秒で人を惹きつけて成約率を上げるホームページ制作(ショッピングサイト制作・運営・集客)]

PAGE TOP