ドラムブログ

オンラインドラムレッスンで高音質を求めるならオーディオインターフェイス

2021.07.15

ドラムブログ

DSC00017

近年ではZoom等を用いたオンラインレッスンが主流になっていますよね。

多くの方は、スマホやPCを使用して、音を聞いたり音を出したりしていると思いますが、音の質に対して不満を感じていませんか?

オンラインレッスンでも、音が悪く聞き取りづらくなってしまっては、ストレスになってしまいますよね。

そこでおすすめしたいのが、オーディオインターフェイスです!

しかし……「え?オーディオインターフェイスってなに?」という方もいるかもしれません。

今回はオーディオインターフェイスについて解説していきます!

 

オーディオインターフェイスは、マイクや楽器をPCに繋ぐための機材です。

元々は音楽制作ソフト(DAW)に音を取り込むためのものとして使われていましたが、最近ではオンラインレッスンなどで使われることが多くなりました。

具体的に言うと、マイクや楽器のアナログの音声信号をデジタルに変換してPCに取り込んでいます。

反対に、PC上のデジタルの音声信号をアナログの音声データに変換することの可能です。

物凄く簡単に言えば、PCの音声機能を、「より聞きやすくより、より綺麗に取り込める」ものだと考えてください。

 

また、オーディオインターフェイスには、大体2つ以上の端子(マイクやシールドを挿す部分)がついています。

これについてわかりやすくいうと、PCやスマホの場合は「声+ドラムの音」の、すべての音が相手に聞こえる形です。

オーディオインターフェイスを使った場合、声はマイクの端子、ドラムはドラムの音を拾うマイクの端子で接続すれば、それぞれが独立した形になります。

独立しているので、マイクの音だけを大きくしたり、ドラム側のマイクの音を大きくすることも可能。

こうすることで、音割れを防ぎスムーズなやり取りができるんです!

DSC00046

「いや、でもそういう専門の機材って色々大変そう……」と思うかもしれませんが、決して難しいことはありません。

オーディオインターフェイスは、PCとUSBで繋ぐだけですぐに使えます。

ものによってはドライバーソフトが必要になりますが、設定はそんなに難しくありません。

大体のオーディオインターフェイスは、USBで繋いだ時点でドライバーソフトのインストールが始まり、後は画面に従って操作するだけです。

近年ではライブ配信でオーディオインターフェイスを使用している方も多く、比較的安いものもあります。

今後オンラインが主流になっていくと思うので、オーディオインターフェイスを一つ用意しておくと良いかもしれませんね!

 

オンラインドラムレッスンならアッシュドラムスタジオへ!

 

 DSC00033

アッシュドラムスタジオでは、オンラインドラムレッスンを行っています!

無料体験も開催しているので、ぜひ一度お気軽に参加してみてください。

zoomを使うには、パソコンやスマホのスペック、パソコンの場合はブラウザによって使い方が異なる場合があるので、一度無料体験の際に環境も試してみましょう。

無料体験は通常45分ですが、zoomの調整を合わせて45分~60分かかることもあります。

なので、調整に時間をとられても、レッスン時間が短くなるということはありません。

オンラインドラムレッスン詳細

 

レッスンのコースは、主に4コースに分かれています。

・基礎ドラムレッスン
・短期集中ドラムレッスン
・カスタムドラムレッスン
・キッズドラムレッスン

初心者の方はもちろん、基礎ができている方でもスキルアップできます!

講師プロフィールはこちら

オンラインで本格的にドラムを習いたい・上手くなりたいという方は、ぜひアッシュドラムスタジオのオンラインレッスンを受けてみてください!

ドラム無料体験レッスンのお申込・お問い合わせ

designed by 株式会社ミィ[5秒で人を惹きつけて成約率を上げるホームページ制作(ショッピングサイト制作・運営・集客)]

PAGE TOP