ドラムブログ

ドラムは打ち込みで十分?生ドラムだからこそのメリット

2022.04.25

ドラムブログ

_DSC4506

近年では、バンドサウンドにおいても生ドラムを使用する人は少なくなってきました。

その理由は、DTMの普及です。

DTMとは「デスクトップミュージック」の略で、パソコンのソフトを用いて作曲を行います。

特に最近では、打ち込みによるドラムの音も、限りなく生音に近くなってきており、ドラマーの需要も減っています。

しかし、生ドラムには生ドラムのメリットがあるのです!

そこで今回は、生ドラムのメリットについて解説します。

「ドラムはもう需要ないから他の楽器にしようかな」と考えているなら、ぜひ一度読んでください。

 

打ち込みのドラムが選ばれる理由

 

まずは「なぜ打ち込みのドラムが選ばれるのか」について解説します。

生ドラムには生ドラムのメリット、打ち込みには打ち込みのメリットがあります。

打ち込みドラムのメリットは、以下のとおりです。

・安定かつ正確なリズム

・人では叩けない(腕が4本あるのかというような)ドラムパターンを作れる

・ドラムレコーディングの修正が簡単

上記の点については、生ドラムがどう頑張っても打ち込みに勝てない部分です。

打ち込みのドラムは、メトロノームに沿った安定的なドラムなのでリズムが狂うことはありませんし、あくまで機械で音を鳴らすので、どうやっても人では叩けないようなパターンも打ち込めます。

また、ドラムレコーディングが簡単な点も大きなメリットです。

生ドラムの場合は、人が叩いたものを録音しなければいけませんが、DTMであれば録音する必要はないどころか、後から変更も可能。

ドラムの音色なども、自由に変更できます。

手軽さで言うならば、やはり打ち込みのドラムは魅力的です。

 

生ドラムのメリット

_DSC3695

 

生ドラムのメリットは、やはり「人ならではできる技術」が大きいです。

主なメリットは以下の4つ。

・ドラムの重厚感が出る

・奏法による表現が出る

・音の強弱や微妙なズレを表現できる

・LIVEで演出しやすい

生ドラムは、人が叩くからこその繊細な表現ができます。

奏法による表現や、音の細かい強弱などは、DTMでは表現しにくい部分です。

また、上級者になると、わざと微妙にズラしてノリを作ることもできますし、演奏時やステージの広さなどに合わせて音量を調節できます。

しかし、打ち込みのドラムは、良くも悪くも決まった通りのパターンしかできません。

今後どれだけ打ち込みのドラムが進化しても、これらの点は生ドラムに勝ることはないでしょう。

 

そして何よりも、生ドラムは迫力がありかっこいいです!

たとえば、XJAPANを想像してみてください。

もしXJAPANが生ドラムではなく打ち込みだったらどうでしょうか?

ちょっと華々しさや迫力に欠けますよね。

このように、ドラマーというのは、バンドの迫力を出すためにも欠かせないパートなのです。

ただ正確なリズムを刻むだけなら打ち込みのドラムでも良いですが、バンドを魅力的に見せるためにも、生ドラムは必要な存在と言えます。

 

生ドラムはかっこいい!

_DSC3914

 

生ドラムのメリットについて解説してきましたが、難しいことは置いておいて、ドラムはかっこいいです!

生ドラムと打ち込みドラム、どちらの方がメリットがあるのか……と考えるのも良いですが、もっとシンプルに「どちらがかっこいいのか」で考えてみるのも良いかもしれませんね。

確かにバンドをやる上で「ドラマーは需要があるかな」と考えることも大事ですが「かっこいいから叩いてみたい」という気持ちも大事にしてください。

アッシュドラムスタジオでは、そんなドラマーを応援します!

・かっこいいから叩いてみたい

・未経験だけどドラムに興味がある

・この曲をドラムで叩いてみたい

上記のように考えている人は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

気になったらまずはドラムを叩いてみましょう。

細かい技術は、レッスンでどんどん教えていくので、少しでもドラムに興味があれば、ぜひ一度体験レッスンにお越しください!

 

講師プロフィールはコチラ

※スタジオは、以下動画のように徹底的に除菌しています。

 アッシュドラムスタジオで用意しているコースは、以下の6つ。

 

・平日限定ドラムレッスン(学生さんから主婦・主夫の方におすすめ)

・短期集中ドラムレッスン(目的がハッキリしている方におすすめ)

・基礎ドラムレッスン(初心者~経験者)

・カスタムドラムレッスン(ライブの練習や覚えたい曲がある方におすすめ)

・キッズドラムレッスン(小学3〜4年生以上向けのレッスン)

・アドバンスドラムレッスン(プロ志向の方におすすめ)

 

45分の無料体験レッスンも行っているので、まずはお気軽にドラム教室へお越しください。

現在ではZoomを用いたオンラインレッスンも行っているので、遠方の方でも問題ありません。

ドラム無料体験レッスンのお申込・お問い合わせ

※記事内で使用されている画像は、コロナ禍前に撮影された写真です。

designed by 株式会社ミィ[5秒で人を惹きつけて成約率を上げるホームページ制作(ショッピングサイト制作・運営・集客)]

PAGE TOP